住宅ローンは変動金利が有利なのか

 

住宅ローンを組むときに変動金利を選択する人が最近増えています。設定される金利は低くなるため、借入金額を高くしたり、返済を抑制することが可能です。変動金利は、金融会社や、不動産関係の会社からも、勧められる機会が多いと言われています。広告に掲載されている不動産の金額は、住宅ローンを使う時には変動金利を選択したものとして試算されていることが多いと言われています。できるだけ住宅ローンの負担を軽減したいと考えている人には、変動金利制がいいものだと思われがちですが、変動金利を利用することは利点が多いのでしょうか。変動金利を利用して住宅ローンを利用すると、1年に2回金利の見直しがあります。といっても、その都度金額が変わることはありません。避けるために5年ルールと1.25倍ルールというものがあります。5年ルールとは、金利を半年に1度見直していても、実際に金利を増やすのは5年おきにするというルールになります。また、急に金利が上がった場合でも、1.25倍が適用されて、金利は1.25倍以上になってはいけないということが決まっています。けれども、実際の金利が上がっていれば、月々の返済をきちんとしていても元金の返済が遅れます。金利の上昇ペースが速いと、場合によっては未払い利息が出てしまうということがあるといいます。変動金利では、仮に金利が上昇しすぎて、最終返済日になっても住宅ローンが返しきれなかった時には、未払い利息をまとめて返済することになります。

 

脱毛ラボ料金