為替レートが円高になった時のメリットとデメリット

 

近年、円高状態が長く続いています。円高は、国内の経済にどのような影響があるものなのでしょうか。為替レートが円高になると、原油などの輸入物の実際の価格はそのままでも、仕入れの値段が下がります。原油安に連動する形で、灯油やガソリンなど原油関連商品の価格も低くなります。原油のような燃料価格が下がると、結果的に電気やガスの金額も下がります。円高状態ならば、海外でもお得な価格での買い物をすることができます。1ドル200円の時は、10万円を換金すると500ドルです。1ドル100円なら、10万円を換金すると1000ドルです。海外からの商品を輸入する時にかかる費用も、円高になれば少なくなります。その結果、小売り販売の金額も少なくて済みます。円高の影響で輸入品の仕入れが安くなれば円高セールも頻繁に行われるようになり、購買者の特にもなります。円高にはメリットが多いようにも見えますが、欠点もあります。円高になると輸出産業が苦しくなります。今までと同じ金額で商品を輸出しようとすると、円高の影響で海外での販売価格が高くなってしまいます。輸出業全般が厳しい状況になり、株の値動きにも反映されます。これまで日本の株を持っていた海外の投資家も、株が落ちそうだとなければ利益を確定し、株を手放す動きにシフトします。そうやって、資金が日本から出たり入ったりすることで、為替レートは調節されています。為替レートが円高、円安どちらになっても、長所もあれば、短所もあるといえるでしょう。

 

銀座カラー 料金