サプリメントの副作用

 

近年では、サプリメントを使用する人が増加傾向にあるようです。日ごろの食事で不足気味な栄養を効率的に摂取するために、サプリメントの存在は重宝するものです。薬のように副作用が生じることはないというイメージを、サプリメントに対して抱いている人も多いですが、副作用リスクは考えるべきことです。例えば、水に溶け出す性質あるビタミンは飲みすぎても尿から出ていきますが、脂溶性のビタミンサプリメントはビタミン過剰症の可能性があります。脂肪に溶けこむ性質がある脂溶性ビタミンは、脂肪組織に結びつきやすいようです。ビタミンA、D、Kが該当します。ミネラルサプリメントも、飲み方によっては飲み過ぎによる弊害が起きることがありますので、全体量を考えることが必要です。栄養バランスの偏りがないように、摂取量については気をつける必要があります。医療機関から出してもらった薬と併用して、サプリメントを使いたいという人もいます。薬の成分とサプリメントの成分が、よくない効果を引き出すこともあります。サプリメントなどでビタミンCを補給しつつ、鉄排泄剤を飲んでいると、尿路結石の危険性があるようです。血栓凝固剤や抗凝固作用のある薬を、ビタミンEを配合したサプリメントと一緒に飲んでいると、相互に干渉し合って出血しやすい状態になってしまうとされています。副作用は、サプリメント単独では出なくても、薬の効果と合わせた時に体にあらわれてくるものもあります。

 

 

ベルタ酵素 特徴