FXチャートの見方

 

読み方を覚えなければ、FXのチャートは使えません。少額投資でも有効に活用できる方法としてFXが注目されていますが、FXをするには為替の値動きを推測する力がいります。為替相場の変動を予想し、それに基づいて取引をするのがFXの大まかな流れです。FXでは、為替の値動きを示すチャートを使いますが、そこではタテにレート、ヨコに時間を設定します。1分刻み、5分刻みなど短時間の値動きを記録するものから、月刻み、年刻みのチャートもあります。FXに用いられる為替チャートで使用頻度が多いのは、ロウソク足チャートです。ロウソクのような形になることからついた名称です。黒いロウソクは陰線、白いロウソクは陽線です。太い部分実線と呼び、細い部分をひげといいます。時間軸ごとにロウソクが1つずつという形です。陽線はレートが上がった時、陰線はレートが下がったときの記号です。取引戦略に応じて、チャートの読み方には様々な方法があります。実線の長いチャートは、見たままに近い値動きのパワーが動いています。ひげが長いときは、その反対です。為替チャートについての理解を深め、チャートを分析する手法を持つことで、FXでの取引精度がアップします。FX取引で利益を上げるには、為替チャートをしっかり読み込み、盲目的にチャートを信じるではなく自分の目と判断で決定できるようになることが大事です。

 

ベジーデル酵素液 特徴