内臓脂肪とは

内臓脂肪とダイエットの関係は密接だといわれています。皮下脂肪型と内臓脂肪型に大別されるようで、肥満には2種類あるといいます。内臓の周囲につく脂肪が、内臓脂肪というものです。可能性が高いのは、ポッコリお腹が出ているのに肉がつまめない場合は、内臓脂肪型の肥満だということです。外見は肥満に見えないけれど、内臓に脂肪が蓄積されている隠れ肥満体型の人もいます。健康へ及ぼす危険性が大きいと言われているのが内臓脂肪で、必要になってくるのがダイエットによる改善です。体内に内臓脂肪が蓄積されると、生活習慣病と呼ばれる高血圧や高血糖などの症状が起きることがあるようです。近頃メタボリック症候群が話題になっていることから増えてきているのは、美容だけでなく健康のためにダイエットをする人たちだそうです。単に体重が減ればいいというものではなく、体脂肪を減らすことであるという認識も広がりつつあるのが、ダイエットです。有酸素運動で内臓脂肪は減らしやすい脂肪だといわれています。内臓脂肪が真っ先に燃焼することで、お腹がダイエットした後すぐにへこむといいます。すぐに減らすことができるからといって油断は禁物です。内臓脂肪から運動などで遊離脂肪酸が血液中に溶け出すこと、高血圧や糖尿病の原因にそれ自体がなるといいます。ダイエットの必要のない内臓脂肪がつかない状態を維持することが、重要だといえるでしょう。