リバウンドで体重を増やさないための対策

 

リバウンドをしてまた体重をダイエット後に増加させないためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

停滞期やリバウンドを引き起こす人間の体のメカニズムからすると
極端な食事制限やいきなりの激しい運動は良くありません。

 

一時的にダイエットがうまくいったと感じても、結局はリバウンドが起きるようになります。

 

ホメオスタシスは人間の体が滞りなく機能している限り、必ず発生するものです。

 

ダイエットを成功させめためには、ホメオスタシスの性質を理解しておくことです。

 

あらかじめホメオスタシスや停滞期の存在を知っていれば、
痩せにくい時期になっても受けいれられます。

 

イライラを乗り切るためには体重を測り記録をするのがおすすめです。

 

体重を記録することで自分の停滞期のサイクルが分かるので
納得しながらダイエットをすすめることができリバウンドを防ぐことができます。

 

たとえ数か月体重が減らなくても増えなければ良いというぐらいの気持ちでいれば良いのです。

 

特に力を入れてダイエットをしているわけではなくとも、
毎日の体重を記録に残しておくことで健康状態にも敏感になりますので、
やってみて損はないでしょう。

 

リバウンドが起きないようなダイエットをしたいなら、
1カ月の減量は体重の4%程度に留めます。

 

急激なダイエットはリバウンドの温床になりますので、
体重を減らす時は1カ月に3%から4%ダウンくらいにしましょう。

 

上手に体重を落としリバウンドしないダイエットをしていきましょう。