住宅ローンの事前審査を利用するとき

 

ローン融資を受けるには、審査で融資が認められなければなりません。結果を気にする人は多いようです。ローン初体験の人のために、事前審査で大まかな結果を知ることができる仕組みがあります。事前審査とは、ローンの申し込みの前に無料で受けることができる仮審査の事です。事前審査では、希望する内容の融資が受けられるかを判断して、結果を教えてもらえます。審査に通るかどうか、大まかな予測を立てた上で申し込みをしたいという人が重宝するものです。事前審査は、書類提出などは求められませんが、どんな審査を行うかなど、大体のところは本当の審査と同じです。本審査と違い、収入や身分を証明する書類がなくても仮審査の手続きはできますが、事実をそこで偽っても無意味です。目的はあくまで、実際の審査と同じ結果を得ることですから、事前審査であっても提出書類の内容は正しいものにすることが大事になります。ローンの事前審査の内容は、勤務先、勤務内容、勤続年数、勤務形態、返済負担率、その他の債務の有無、返済暦などがあげられます。最近は、短くても3年以上一つの会社で働いているいう人であれば、正規雇用でなくてもローン可という会社もあります。返済を滞らせない程度に融資を受けるには、ローンの借入金額は年収の3分の1以下が目安になっています。ローンの利用額が年収に対して高すぎると返済の負担が大きくなりすぎますので、返済能力が危ぶまれて審査に落ちることがあります。

 

ディセンシア サエル