メイクのチークと雰囲気

 

メイクのチークの入れ方一つで、雰囲気というのはかなり変わるといわれています。たとえばメイクのチークの入れ方としては、かわいらしい雰囲気にしたいと思っている人の場合には、笑ったときに一番高くなる頬骨のいちばん上の部分にピンク系の色のチークを塗るといいと思います。ふんわりと色をつける程度に塗って仕上げとして一番子尾色を真ん中の部分に乗せるとより可愛い感じの雰囲気に仕上がります。次に知的な雰囲気にするメイクのチークの入れ方を紹介します。選ぶ色合い的にはオレンジ系やゴールド系がいいでしょう。そして顔の外側から頬骨の下、鼻先の方向にチークを入れると顔がシャープな感じになりますから、知的な雰囲気に仕上げることができます。メイクではスタイリッシュな雰囲気に変身することも可能ですよ。スタイリッシュな雰囲気にしたいと思っている場合には、小顔に見えるブラウン系のチークを選びます。顔が引き締まってスタイリッシュな雰囲気に見せることができます。その場合には頬骨の下の部分からこめかみに向かってブラシを入れて太めにチークを入れるようにすると引き締まります。Tゾーンなどにもハイライトを入れておくと立体感も出るのでかなりスタイリッシュな顔立ちになることができますよ。最近はフェミニンな感じも人気ですがメイクでフェミニンさを出すことも可能です。フェミニンな雰囲気にしたいときには、頬骨から小鼻のまん中に下に向けてチークを入れるようにすればいいでしょう。