お葬式のメイク

 

お葬式に行く時のメイクが気になるという人も多いと思います。メイクは派手にしては絶対にいけませんがすっぴん、つまりのーメイクというのはほかの人に対して失礼ですから、この加減が難しいでしょう。昔は、お葬式の時のメイクは方化粧をするのが一般的で口紅を使わないというのが一般的でした。しかしファンデーションを塗って眉毛だけを描くというのはかなり血色も悪いですし、親族でもきちんとメイクをして参列しているのに対して参列する人があまりにもノーメイクだと失礼に当たります。ですからお葬式でメイクをするという場合には、普段よりも控えめな色を選び、ファンデーションなどは薄めにつけて、口紅の色も薄め、アイメイクも薄めにするのがいいでしょう。アイメイクについてはアイシャドウはあまりラメやパールが入っていないものを選ぶようにします。ラメやパールが入っているとどうしても華やかな印象になりがちです。色合いにも気を付けて、場合によっては単色でも色遣いでもいいのではないでしょうか。お葬式やお通夜に行く時のメイクはとにかく華やかになり過ぎないように注意することはもちろんですがそれだけでなく、しないというのも失礼に当たるということを覚えておきましょう。親族などでも身だしなみには気を付けてお葬式に参列していることが多いと思いますからその点は注意して参列する側のマナーをよく守ったうえでお葬式に出席するように気をつけたいですね。