健康のために避けたい食品

 

食品の選択は、健康づくりと深く関わっています。この食品は健康を保つためには食べるべきではないというものは何でしょう。動物由来の食品には、トランス脂肪酸が含まれています。このトランス脂肪酸は、心臓病の可能性をアップするといいます。近年の加工食品は、トランス脂肪酸を含まないようにしています。そのため不用意に食べてしまう可能性は低いですが、アイスクリームなどは要注意です。調理の過程でもマーガリンは使わないようにして、大豆やオリーブ、キャノーラオイルなどを使うといいでしょう。液体オイルを原材料にしたマーガリンならば、まだ安心して使えるといわれています。パンを毎朝食べているという人も多くなっていますが、精製された食品を主食にすることは、健康のためにはあまりおすすめできません。食品を選ぶ時は、精製されていないオートミールや穀物がおすすめです。甘いものを最低限に留めることも、健康づくりには必要です。カロリーの少ない食事をすることが、糖尿病の人には必要だとされています。砂糖はそれ自体でかろりーがあります。健康を保つためには、牛ホルモンも食品として使わない方がいいと言われています。赤身の牛肉を食べる用にすることや、200gより多い牛肉を1日のうちで食べないように心がけることも重要です。連日の牛肉はやめて、魚や豆をたんぱく源にして食べるようにするといいでしょう。食事のメニューを決める時には、どの食品が健康によく、どの食品が要注意かは大事な情報です。