アメリカではインターンシップを利用しての就職を

 

就職を新卒者がアメリカでするときに、かなり重要な位置を占めるのがインターシップ制度です。このインターシップでは、企業などで学生が研修生となって働きます。会社にアピールしたり、自分がどんな仕事に合っているかを見定めることができます。多くの学生インターンは給料はなしで職場体験をし、アメリカでは大学入学時から仕事をしてるそうです。卒業までインターンを継続することで、正社員として不可欠なレベルまで能力を向上することができるのが、アメリカのインターンです。多くのアメリカの高校生の場合は、夏休みを使ってどんどんインターンに参加をしているのも事実です。能力があるとインターンした会社で判断されて、そのまま内定をもらう人もたくさんいるといいます。就職を有利にするためにインターンをしている学生が、アメリカではほとんどだといわれています。いくら新卒者でも、即戦力になれる人材が求められるのがアメリカの特徴です。インターンとして大学生のうちから仕事を覚えてもらい、卒業までにすぐ使える人材として育成し、卒業後採用するという方法がアメリカでは当たり前になってきています。インターンの制度は日本にもありますがまだ知られていないことが多く、ほとんど就職につながることはないといいます。インターンと新卒採用は一体となっているのが、アメリカの就職の特徴です。

 

ミュゼ 神奈川