石鹸と手ぬぐいだけの洗顔

 

洗顔に石鹸を使うというやり方で、毎日のの肌のお手入れをしている人がいます。石鹸での洗顔と、手拭いの利用を組み合わせたやり方は、気持ちよく洗顔ができるだけでなく、お肌にもいいとされています。角質ケアには、手ぬぐいを使う方法が効果があると言われているためです。様々な用途に使われている手ぬぐいですが、日本人の皮膚との相性はよく、適切な洗顔ができるといいます。くすみが少なくなって肌の透明感が増し、化粧水がよく肌にしみ通るようになるという利点もあります。おろしたての手ぬぐいなら1時間ほど水につけておきます。それと、泡立てネットと石鹸があれば準備完了です。まず、ぬるま湯で顔を全体的に濡らします。十分に顔を濡らしたら、手ぬぐいで拭うようにしてメイクの部分を取り除いていきましょう。静かな動きで、メイクを優しく取り除きます。終わったら、石鹸を使った洗顔ケアをします。泡立てネットを使ってキメの細かい泡をつくり、その泡を顔全体にのばしていくことで洗顔をします。泡を転がすように汚れを浮かせます。泡残りがないように気をつけながら、ぬるま湯で顔をすすぎます。たまに手ぬぐいで顔をこすりましょう。新品の手ぬぐいは使わないこと、洗濯機の使用は避けること、アイロンをあてないことが、手ぬぐいをきれいに使っていくコツです。洗顔には専用の洗顔剤が必要だと思われがちですが、実は個こんな簡単な方法でできるのです。