アメリカでの就職について

 

かなり日本とアメリカの就職事情は異なる部分が多いといいます。中でもとても違うと言えるのは、学歴がアメリカでの新卒者の就職にはとても重要だと考えられていることです。学歴を重要としない採用方法をとる会社が、日本では就職での学歴差別をなくすために増加しています。学歴が大学院卒だとしても、就職が優位になるわけではないそうです。日本の一般的な会社では、院卒者の初任給も新卒者と変わらないといいます。入社後伸びる将来性を一番に考え、業務知識があるかないかは関係ないポテンシャル採用が、日本の企業採用の特徴です。反対に就職にプラスになるのは、アメリカの場合修士号や博士号をもっているという人です。新卒者でも専門的な技術と実務経験を持っている、即戦力であることを重視します。どんなことを大学で専攻していたかにも重点がおかれますし、成績もチェックされます。銀行に採用される新卒者とは、ビジネス専攻、経済学専攻、ファイナンス専攻の人がほぼ占めているのがアメリカの特徴です。日本では反対に、どの学部で学んだかはそれほど大事なことではありません。大学時代の成績もアメリカの就職では重視されるので、一生懸命大学生は勉強に取り組みます。レポートや課題をこなして、非常に多くの宿題をこなし、積極的な発言が求められる授業に出席して良い成績を残すことが、就職に有利になるのがアメリカの特徴です。

 

下取り 車