肌のくすみやしみの原因

 

若いころはみずみずしかった肌も、年をとるとくすみやしみが目立つようになります。肌のくすみやしみの原因とはどのようなものなのでしょうか。お肌の色が灰色みを帯びる状態がくすみです。くすみには、部分的なものと、広く肌全体の色が変わるものとがあります。古い皮膚がいつまでも肌に残っていたり、代謝が衰えたりといった原因で、肌はくすみやすくなります。血の巡りのいい肌とは、明度が高く、ピンク味ががった色合いになります。血流が悪化し、酸素が十分に血液に溶け込んでいないと黄色みがまし、肌がくすんで見えます。とはいえ、くすみへの影響度が高いのは紫外線です。長時間紫外線を浴びた肌は、メラノサイトという色素細胞が増加することによって、メラニン色素ができます。有害な紫外線をメラニン色素によって吸収しようとする体の反応なのですが、ふつうは1~2か月でメラニン色素は消えます。お肌の新陳代謝が滞ると、メラニン色素がそこに沈着してしみの状態になってしまいます。体内で女性ホルモンがどれだけ活発に動いているかも、しみのでき方に関わっています。そのため、女性は生理になる2週間が、最もシミができやすい要注意期間となります。くすみやしみがどうしてできるかは、明らかにされています。どこに主原因があるかを特定てれぎは、何をすればしみやくすみのない肌になれるかがわかりますので、まずはそこを抑えましょう。