残価設定ローンの注意点

 

自動車を購入するときに残価設定ローンを利用するときはどのようなことに注意したら良いのでしょうか。ローン終了時点の残価は必ずしも保障されていないことです。差額は支払わなければならないのが、もしもローン終了時に車の査定額が残価より低くなってしまった場合です。長すぎる走行距離や、車に傷があったりすると下がることもあり得るのが車の査定額です。車をいじったり、ドレスアップすることが好きな人には、残価設定ローンは良くありません。元の状態をできるだけ保持したままローンが終わるときに車を返さなければならないのです。自分の好きなボディカラーの車よりは、下取りが高くなる車にした方がいいというような、車選びのときに制限が下取りのことを考えるとあるのではないでしょうか。残高設定ローンは値引きされていないことが多いため、最終的に車を買い取るという場合は結果的に高いお金を出して車を買ったということにもなります。買い取りを数年後にしようと思っているのであれば、きちんと値下げ交渉をしながら安い支払金額でその車を購入できるようにしたほうが良いので残価設定ローンは利用しないのがおすすめです。提携先の金融機関や販売会社によってだいぶ違ってくるのが、残価設定ローンの条件だといいます。店ごとに金利や残価設定額が、同じ系列のディーラーでも違うことがあるそうです。残価設定ローンを組む時の貸付条件の確認は、同じ店でも担当者によって金利が違ってくることもあるので大切だといえます。